スイーパー艦

コロンブス級輸送艦「アメリゴ」

全長

145m

武装

対空機銃
高角メガ粒子砲

搭載機数

輸送時:50機
運用可能数:10機

艦載機

サンダーボルト版ジム*5

所属

ムーア師団

備考

ムーア師団の保有する艦の中でも特に古い艦。
創設時に「安価で、大量輸送が可能」と言う理由で勢力戦争担当から払い下げられた経緯を持つ。
一応ゲームデータ上は「低速」であり、戦闘艦と同じスペックと言う事になっているが、
それでも元来は輸送艦である事から単艦戦闘能力が低く、カタパルトの射出速度もそれ程ではない。
それでも、クルーらには愛されており、長い間使い込まれたそれはゲームのポリゴンデータながら人の温かみを感じさせると言う。
流石に輸送艦では戦闘艦との共同作戦が難しい事から次回制宙権奪回作戦終了後には何かしらの戦闘艦への更新が予定されている。

サラミス改級巡洋艦「ズルフィカール」

全長

228m

武装

単装メガ粒子砲*5
連装メガ粒子*2
連装機銃*6
艦首部2連大型ミサイル発射管*8

搭載機数

4機

艦載機

サンダーボルト版ジム*2
ジム改ワグテイル*1

所属

ムーア師団

備考

アメリゴの僚艦。これも創設時に購入された艦で、既にムーア師団はクラップ級巡洋艦等の
新型を購入出来るため、古い艦は古い艦同士で組み合わせておこう、と言う意図と
武装の少ないコロンブス級をそれなりに防空装備の充実しているサラミス改で護衛させようと言う意図から
アメリゴの僚艦となっている。
性能は凡庸だが、ムーア師団のエースの一人、ワグテイル使いのハーディング大尉が在籍している。
なお、ズルフィカールは間もなく運用終了が予定されており、次回制宙権奪回作戦終了後に
より性能の高いクラップ級への更新が予定されている。

クラップ級巡洋艦「ウェルナー」

全長

292m

武装

連装メガ粒子砲*2
ミサイルランチャー*6
対空機銃

搭載機数

6機

艦載機

ビルゴ、ザクレロ、スタークジェガン、エビル・S、ゲルググJ

所属

魔女の箒

備考

スイーパークラン「魔女の箒」の保有する艦艇。
ジャック・ヤマザキが自分の開発費をちょろまかして手に入れ、魔女の箒はそれをリースしている形である。
内部には多種多様なモビルスーツが詰め込まれており、魔女の箒の各人の趣味が良く現れている。
無線の独特な声音からは想像も出来ないほど的確で冷静な戦いぶりは暗礁宙域のみならず、
近隣の宙域にも広く知られており、魔女の箒と言うクラン名称までは知らずとも、
「ウェルナー」の名前を聞けば「あぁ、あの姐ちゃん達の」と頷く人は多い。

ザンジバル級巡洋艦「サングレ・アスル」

全長

255m

武装

偏光型メガ粒子砲*4
火薬式連装主砲*1
連装対空砲*5
Jミサイル発射管*2

搭載機数

6~9機

艦載機

ゲルググ・ヘンカー 他

所属

三つ首龍の紋章

備考

三つ首龍の紋章がキマイラ以外で唯一保有する艦艇。
キマイラと同等の戦力が配分されており、こちらもまた頼もしい艦艇となっている。
キマイラが現在、サンダーボルト宙域から中々離れられない分、サングレ・アスルが外回りの任務を引き受けており、
メンバーの地球への運搬、回収を始め、各種任務に就く事もある。
無論、サングレ・アスルも呼び出しがかかればムーア師団、リビング・デッド師団と肩を並べて戦う存在である事に
代わりは無い。

アーガマ級機動巡洋艦「ウォースパイト」

「いやぁ確かに戦闘艦になるとは聞いていたけどさぁ……」

全長

341.7m

武装

単装メガ粒子砲*4
格納型メガ粒子砲*2
ミサイルランチャー
対空機銃

搭載機数

8機(予備機4機の合計12機)

艦載機

サンダーボルト版ガンダム
サンダーボルト版ジム(Gヘッド)
ジム改ワグテイル

所属

ムーア師団

備考

アメリゴの代艦として購入された中古の艦。
本来ムーア師団司令部はクラップ級の調達を予定していたが、
予想以上に揚陸作戦の被害が大きかった事から2隻の新規購入の内1隻の購入を断念。
その代わりに勢力戦争側が使い勝手が悪いとして持て余していたアーガマ級を格安で調達した。
アーガマ級は艦隊旗艦として使うには聊か「指揮・管制」値が低く、モビルスーツの運用可能数は充実しているが、
ミノフスキークラフトは更に別途購入の必要があり、その割には本体が高額と
大量購入には不向きの少数運用向きのもので、正規軍では持て余すものだった。
「クラップよりスペックは高いし、コロンブスからアーガマへの更新なら文句は無いだろう」と言う理由で配備される。
艦載機はサンダーボルト版フルアーマーガンダム、サンダーボルト版ジム(Gヘッド)、ジム改ワグテイルの
3機だけと貧乏所帯。
サンダーボルト版フルアーマーガンダムは運用出来るか怪しかったが、ギリギリエレベーターに乗ったという。
運用要員もズルフィカールとアメリゴの寄せ集めで、要するに旧式艦の厄介勢を押し込めたに過ぎない。

クラップ級巡洋艦「インビディアス」

全長

292m

武装

連装メガ粒子砲*2
ミサイルランチャー*6
対空機銃

搭載機数

6機

艦載機

サンダーボルト版ジム*3

所属

ムーア師団

備考

ズルフィカールの代艦として購入された艦。こちらは何とか予算が付き、クラップを調達出来た。
本来はズルフィカールのクルーが引継ぐ予定だったが、ズルフィカールのクルーは
ウォースパイト運用のためにアメリゴとまとめて一つの部隊に仕立てられ、
インビディアスはTB版ジムの新パイロット共々新規に募集される事となった。
例によって人材不足のために3機しか搭載していないが、その分武装は豊かで、
各人が四種の神器に加えガトリング、ヒートアックス等思い思いの武装を施している。

文:インノケ、黒井

  • 最終更新:2015-03-18 00:16:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード