スタイル

GBWFで機体のクラス分けと並んでもう一つプレイヤーを表す大きなものが「スタイルシステム」である。
プレイヤーの手持ちレベルが25を越えた後に一定数戦闘を行うと「スタイル」が取得出来るようになる。
これは半強制的なもので、「スタイル」取得後に「ノーマルスタイル」に戻す(スタイルの各種恩恵を敢えて切る)事は出来るが、
基本的にスタイルは勝手に付与され、プロフィールに残り続ける。
呼び名は人によってさまざま。「スタイル」「ジョブ」「特化」等々。
現在でも新しくスタイルが発見されたり、実装が続けられており、
今後もバリエーションが増えると思われる。

全スタイルの共通事項

スタイルを取得すると、攻撃に変化が出る他、各スタイルごとに専用スキルが用意されており、
それらを行使する事が可能になる。スキルに関しては個別ページを参照の事。
また、各スタイルにはそれぞれLv.1~Lv.5とスタイル自体も成長するようになっており、
成長に伴い各種バフが強化される。

バフの内容は
「スタイルに対応した分類の機体クラスを選択する事によりマスクバフ/デバフがかかる」もので、
簡単な例を挙げればリーコンスタイルはサポータークラスへの搭乗が推奨される。
(無論、それを無視した搭乗を行っても何らシステム的な問題は無い)


他スタイルへの変化

「スタイル」を取得した後にまた一定数PvPやNPCとの戦闘を行うと、再びスタイルの変化が訪れる。
"直前にスタイルを取得した時から次に変化する時までに行った戦闘方法が反映される"と言うルールがある為、
これを利用し意識して戦闘を行う事で、望むスタイルを手に入れる事が出来る。
(ただし、コマンダースタイルのように一人だけの努力では手に入らない物もある)
入手したスタイルは何時でもメニュー画面から切り替える事が可能で、一人につき最大二つのスタイルを
会得出来る(新しいスタイルが発現した場合は、既存スタイルへの上書きか、スタイル拒否かを選ぶ)

標準的なスタイル

もっとも基本的なスタイルと言われている。
出来る事も戦闘能力の増強がメインである。

攻撃面を強化するスタイル。
技術面を強化するスタイル。
防御面を強化するスタイル。
・G

それ以外のスタイル(戦闘系)

標準的なスタイルと違い、ややクセのあるスタイル。
特化型とも言える。
スタイル間に発現の差は無いが、上記3スタイルに比べると
意図して出すのは慣れを要する。

不整地、局地などに対応したスタイル。
偵察戦、隠密戦に特化したスタイル。
水中戦、上陸戦を可能とするスタイル。
多数対少数において効率化を可能とするスタイル。
1対1に特化したスタイル。
武器を選ばないスタイル。
指揮統率を行えるスタイル。

それ以外のスタイル(補助系)

艦艇を操るスタイル。艦艇運用クランでは超重要
"勝負"に乗れるスタイル。
回復を旨とするスタイル。

商いに勤しむスタイル。
物拾いを滞りなく遂行するスタイル。

訳アリのスタイル

ゲーム的にはOKでも問題のある行動を繰り返した場合に取得出来るスタイル。
やむを得ず取得している場合もあるが、
基本的にこのスタイルを取得しているプレイヤーを見かけた場合には警戒しなければならない。

濫用の代償となるスタイル。
敵対者の証であるスタイル。
節度を失ったスタイル。
略奪を躊躇わないスタイル。
怪物と化したスタイル。

  • 最終更新:2017-12-10 00:29:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード