ベニガケ・リンゴ

ベニガケ・リンゴ(紅掛 林檎)


「どうしても実感が湧かなくてな、ならきっと俺が死ぬ時も実感が湧かないだろうと思って。それは嫌だろう?」

性別


年齢

25

所属

公式ジャンク屋クラン

パイロットレベル

25

ステータス

【アドバンスド】

保有スキル


搭乗機

ジムカスタム(狙撃ライフル装備機)
ジム(予備機)

備考

βテスターに当選しチュートリアルや初期クエストを体験していたプレイヤー。
暇だという理由でサービス開始時にも参加をし、結果デスゲームに閉じ込められる。
その後、一応の生きていく方策として軍に入隊。空間戦闘の才覚を見せ、
初期配布のジム、それを改造したジムAカスタム、ジムカスタムと次々を機体を乗り換え、
軍に参加。軍曹の地位にまで登り詰める。
だが、βで純粋なゲームとして体験していただけにどうしてもこれがデスゲームである実感が湧かず、
仲間が死んでも単にログアウトしたのかな、と言う程度の感慨しか湧かなかった。
その事を考え、もしや自らが死ぬ時もそんな他人事程度の感慨しか湧かないのではないか、と思い、
それは嫌であるとして契約更新時に軍を脱退。
貯めたマニーと軍に居る間に築いたツテを利用して
ジャンク屋「アダムズアップル」を開業。比較的良心的な価格で卸業と小売業を始める。

ラインナップは独特で、拾った物は取り敢えず持ち帰る彼の性分故に、
小さい物はモビルスーツの弾薬から大きい物は戦艦のメガ粒子砲まで、あらゆる物が
「アダムズアップル」の敷地内にゴロゴロしている。

彼のジャンク回収方法は独特で、狙撃仕様に改造したジムカスタムを仕様している。
狙撃ライフルにワイヤー弾を取り付け、それで宇宙空間の遠くに浮かぶジャンクを
サクサク捕えると言う方法であり、
もし戦闘に応用していれば確実に【スナイパー】スキルを取得出来る程の腕前を持っている。
だが、彼自身はもう戦闘に関わる事は一切しないと公言しており、
再入隊の勧誘を受けつつも、一度も応じていない。

文:黒井

  • 最終更新:2015-03-26 00:55:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード