火星

火星

ガンダムでは複数の作品において、植民が進んでいる惑星であると言う表現が為されており、
ゲーム内部でも地上に移住する事が可能である。

概要

見渡す限り赤い大地の広がる火星のフィールドである。
モビルスーツの接地セッティングなど基本的な特徴は【荒野】に準じるが、
重力が通常の40%ほどであるため独特の移動感がある。また大気も薄いためビームの減衰は少ない。
ある特殊な事情を持つフィールドであるため細心の注意を払わなければならない。

初到達

不明。火星の価値に着目し、戦いを望まない人の楽園とする為に尽力した事のみが伝えられている。

人口分布

火星は後述する独特のシステムにより、どこにでも簡単に移住出来る訳では無い。
ゲーム開始二年後の時点で山の近くにある平地、谷などに小規模な町が広がっている。

開拓について

火星は基本的なスペックは現実と、A.G.の文芸設定に準じている。
薄い二酸化炭素の大気、微弱な重力、吹き荒れる猛烈な砂嵐、そしてその中に含まれる
粉塵による塵肺減少、つまり「マーズ・レイ」。

マーズ・レイについて

ガンダムAGEに存在する火星特有の病理が「マーズ・レイ」である。
ゲーム内部では「砂嵐中に含まれる極小粉塵による塵肺現象」とて定義され、
特殊な加工をしていないモビルスーツ・ノーマルスーツで「マーズ・レイエリア」に
長時間(48~72時間)滞在する事で「マーズ・レイ状態」を引き起こす。
マーズ・レイ状態となったアカウントは時間経過とともにHPの最大値が減り続ける。
発生から二週間以内であれば【ヒーラー】スタイルによる【緊急治療】スキルと
メディカルパックの使用により状態を解除出来る。
なお、二週間を超えた場合最大値の減少は停止しない。
現象速度は個人のHP最大値によりけりだが、概ね発症から二か月を超えた時点で
HPが0になり、衰弱死する。
或る仮説によると、ユニット「AGE-FX」の特殊機能を使用する事で、
二週間を超えてしまったマーズ・レイ状態を解除可能であるとされているが、
原典においてもそのような記述・設定は存在せず、検証が待たれる。

  • 最終更新:2016-09-05 22:07:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード