荒野

荒野


公式説明文

戦闘の爪痕か、荒れ果てた荒野のフィールドである。

禿げた木やむき出しの岩が転がっているものの、視界は良く射線も通りやすい。砲撃型や陸戦型のMSにとって戦いやすい環境であるといえるだろう。

見通しがよく障害物の少ないことにより、特に地上での機動力が求められるフィールドとなっている。

概要

荒野は遮蔽物が無い。よって、必然的に大規模な歩兵戦が展開されたり、はたまた塹壕戦に陥る事もある。
荒野戦では、何とガンタンクが活躍する。巨大な砲による支援砲撃、
ミサイルランチャーによる弾幕制圧は塹壕で降着状態に陥ったときに便利であるし、なにより塹壕に入っている敵はバズーカを使えないので、
塹壕に突撃、相手を引きつぶす事も出来る。
勢力戦争の一コマである「ボルゴグラード防衛戦」では、
地球連邦軍が用意したガンタンクの機甲師団が塹壕戦に持ち込んだ敵のザクを一方的に圧倒する光景が見られた。

また、荒野ではさながら西部劇の如き戦闘が繰り広げられる事もある。
こうなってしまうと重力のある中で、如何に旨く機体を操るか、がポイントになってくる。
荒野戦ではそれが小規模戦なのか、団体戦なのかによって大きく変わってくるが、
団体戦はガンタンク師団や塹壕のような、通常の戦争と同じ戦術要素が重要になる。

利点

個人で荒野で戦う利点は遮蔽物が無いので、思う存分飛ばしていい事にある。
下の地面は荒れては居ても踏み固められているし、
低空飛行にしても障害物が無いのでアクロバットが出来る。
足場の心配をしなくて言いここでは、自分の好きなように立ち回れる。

難点

遮蔽物が無いと言う事は当然射撃はしっかり避けなければいけないし、立ち止まって一休み、はもってのほか。
常に動き続け、考え続けなといけない。
また、走りながらの撃ち合いになるため、お互いに照準は定まりにくい。慣れない内の戦闘は禁物だ。
可変モビルスーツであれば荒野における難点はほぼ無いと言って良い。

文:インノケ

  • 最終更新:2015-03-17 23:45:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード