twilog

ツイのログの垂れ流しです。ボツ案や決定案も垂れ流しなので後で纏めます。
(敬称略)

・専用の施設で相応の額を支払う事で機体のチューンや改造、もしくはガンプラの製作技術があればそれを元に自分用の機体も作り上げる事が可能だけど、ガンプラからの製造の場合はガンプラの完成度が機体に反映されるデメリットもある

・故にガンダムタイプを先んじて見つけられたβ版プレイヤーは初期に大規模討伐戦が行われ、数少ない生き残ったβテスターのガンダムタイプ保持者は疎まれているとか。

・量産機をゲームデータで改修する事は出来るしステだけ見ればノーマルのガンダム系を超える事も出来るけど、ガンダム系は何かそう言うのとは一線を画す特殊スキル持ちとかな。

・基本がガンダムシリーズの機体がある程度出てくる仕様だけど、ガンダムタイプに関してはM1みたいなモドキなら比較的楽に造れるけど、「ガンダム」タイプは高い制作能力を持っているビルダーorメカニックか、最初に配置してある隠し機体か、予算を注ぎ込んで作り上げる機体か、それくらいしか開発手段がないっていう感じかな。ただ、ガンダムタイプ以外は性能はビルファイみたいに各シリーズで均一化されてて、後は腕と改造度でなんとかなるみたいな。改造によってガンダムタイプに比類する性能も獲得可能だし

・「ガンダム保持者アカウントを色気で惑わそうとする女性アカ」とかありそうだし。

・そんな中そこそこ数があるヴィクトリー

・一応アカウント自体はポッドが人一人覆ってそれをスキャンするコクーンタイプだから、本人そのものなんだけど、ハニートラップでGタイプを手に入れるパイロットとかはいそう。設定上はリアルでできる事は基本的に可能

・それで主人公機のガンダムが意外にも初期マップに落ちてて「こんな所にガンダムタイプがあったなんて……」って展開も楽しそうじゃん。皆チュートリアルは真面目にやらずに適当に済ませるから、イースターエッグとして隠されていたガンダムタイプに気が付けないみたいな。

・んで主人公機の他にも2機分のハンガーがあるんだけど、そっちは誰かに持ち去られてて「俺の他にもここにガンダムがある事に気が付いたプレイヤーがいる……」みたいな。後々ライバルの機体として立ちはだかる兄弟機って楽しそうじゃんね。

・BF風にメイジンとかいる世界だから、トップビルダーなら隠し機並もしくはそれを凌ぐものも開発可能(ただし金額はそれ相応に必要)な感じで、メカニックが施設で開発する機体はステ低め感ある。機体はBFっぽさが多いイメージかな

・チュートリアル飛ばした皆さん、タイムアタックステージのクソ面倒な所や大乱闘中のフネの中やらから死にかけでガンダム拾ってるよなぁきっと。

・BFみたいに例えばミキシングで作られたビルダー機体もあれば、施設開発のガンダムタイプもあるし、ただ施設開発機も改造機も性能上限は隠し機体や高性能ビルダー機よりも低めみたいななななな

・マイショップ販売は月課金チケット購入とか(ぷそつ感

・直らないとかはまんまBFで、その他の改造や改修・施設開発なんかはガンブレ要素な。

・GNドライブは擬似は比較的量産が可能だけど、本物は相当な技術のあるメカニックやビルダーでも月単位での時間がかかるし、初期状態ではドライブも隠し要素の一つで、個数は1桁台のレアアイテムみたいなな

・レアガンダムを手に入れるために自分の所持機体と財産をすべて投げ打つパイロットとかな……(

・機体保有数は各自の保有ハンガーに比例するけど、必ずしも保有機体の数=そのプレイヤーの強さって訳じゃないし、実際に自分がコックピットに搭乗して戦う訳だからオブライトみたいな一つの機体にこだわり続ける猛者とかもいるみたいな

・通信機能をONにするとけったいなリード線と溶きパテにまみれたマラサイからは「クソッタレ」「豚野郎」等の警告対象ギリギリな発言が飛び出します。

・実際勝ち馬に乗るために海賊みたいになって、最終的に有利な方について生き残ろうとする輩とかもいるよ

・あぁ分かった。敵アバターを殺しての機体奪取も出来るけど、【街】って言うフィールドがあって、そこでの殺傷行為は厳禁で、大抵のプレイヤーはそこに格納庫を持ってるとか。

・奪取要素やしんだアカウントの引き継ぎとかも可能だけど、レア度の高い機体は相応のパイロットレベルが必要で、パイロットレベルは撃墜数に比例する。同クラン内での略奪防止のため、同クラン内で奪取者が出そうな場合は機体の起動が不可みたいな

・【街】ではNPCによるショップや改修工廠もあるけど、殺傷行為はMS,人間問わず厳禁で、システムの介入によって阻止されるみたいな。

・なので酒場は【街】と戦闘フィールドの境界線にあって、「表に出ろ!」となったら二人で仲良くフィールド境界を超えた上でなぐり合いみたいな。

・「生前」にアカウントデータの引き継ぎ先を指定しておいて、「死んだ」後に覚醒数値とかを引き継ぎ、大事な人の死によって<ニュータイプ>スキル解放とか。

・あ、もしくは機体はID登録方式になってて、アバター内のIDデータと機体の登録データが合致しないと動かなくて、一部スキル持ちは機体奪取が可能だけど、その機体奪取スキルは他のスキル枠を犠牲にしないと獲得出来ないから、事実上そのスキルを取ってしまうとスキルはひとつだけ、みたいな。

・奪取スキルを持ってると他のスキルが一切会得できない+奪取スキルがその世界では侮蔑対象になってて「パクるしか能がないネズミ」って見下されてるとか?

・奪取・殺傷・戦闘不可地域+奪取スキル持ちがある。操縦技術=スキルの内容や数ではないではないみたいな

・それはあるかな。結局のところ略奪行為な訳で、その奪取を行うために人殺しをしている人間もいるから、本当に侮蔑の対象になってるかな

・対象機体が元のパイロットにどれだけ使われたかとか、入手経路・改造度合等によって奪取難易度が上下する感じ?

・レアリティ・機体保有時間・入手経路・改造度が全て計算された上で、奪取難易度が上下する感じで。スキルにもレベルがあるの

・真面目にトリックを練れば面白いんだけどそうじゃないと唯の泥棒と防犯の話に徹してしまいがちなので「3~4鯖に一人居るかいないか」位がまともじゃないかなと>奪取スキル保持者 あるいは奪取スキルがあるから最初は差別されてた鼠男が後々、敵と組んで恐ろしい敵に変わるとか。

・全スキル枠を奪取スキルに割り振らないといけない・奪取スキル持ちはアバターネームがオレンジ色に変化するのでひと目で分かるようになる・奪取スキル持ちは侮蔑の対象であり、殺人等もしている事が多い・奪取スキルは限定解除スキルであり、ユニークスキル

・ってか奪取スキル発覚して被害出た最初の頃とか、スキル保有者クッソヘイト稼いでデビルマンよろしくリンチ殺害されてそう。

・で、現存する奪取マンはそもそも絶対数少なくて……みたいな。

・「いたぞ、オレンジ野郎だ!」「消えろ、泥棒野郎!」「盗みだけじゃなく、殺しまでしやがって!」「テメェみてぇなのが死なねぇで誰が死ぬってんだ、えぇおい!?」

・障害物に遮られるとアバターネームも隠れる上に、車やMS搭乗の際もアバターネームが隠れるから、基本的に名バレするのはアバターが直接見える時だけで、だから奪取スキル持ちも何とか市街の中で隠れてくらせてこれた感じで

・検問というか、そういう区切りは【街】には必要かも。流れ弾対策の対空砲とかが見えて来て雰囲気変わった所にとか。戦闘領域からはどうなんのかな。マップ端みたいな感じ?

・クリア条件としては、敵国のどれかを占領する・もしくは殲滅するかのどちらかなんだけど、勝利国の人間のみ生き残って、敗北国に生はないから必死になって総力戦をやったりゲリラ戦をやったり奇襲をしかけたりと策を講じるんだけど、敵国が一つじゃないからこそ悩ましいみたいな

・或いはサーバを管理するAIが何時まで経っても戦況が変わらないのに業を煮やして勝手にNPCから成る第三勢力を投入開始、レアなガンダムタイプが次々と殲滅を開始したため、両国はやむなく停戦協定を結び、AIとの死闘に入るとか。

・AIはプログラムに基づいて「適正な戦況変化」を作り出しているし、直接人間を殺してる訳じゃないからロボット三原則にも反しない(AIが作られたのは現実連動デスゲになる前なのでアカ削除=現実死とは思ってない)みたいな。

・本来は半年くらいで完結する筈だったのがデスゲになった所為で一年以上伸びてて、所謂「調整」と称したNPC勢力が投入。【街】は破壊行為が禁止の筈が、第三勢力の機体はそれを無視して攻撃出来る。なので人間同士で争っている場合では無い、みたいな。

・こう、広大なオープンフィールドの中にも「ゲーム開始地方」「比較的安全な地方」「PvPで解放を目指す地方」「クエストクリアでの解放を目指す地方」「第三勢力を倒す事による解放を目指す地方」みたいな。

・芝居としては仲間の死で覚醒する主役に見えるけどその実は単に引き継ぎで数値が加算されて<G耐性><ニュータイプLv3>が解放されただけですよ……みたいな、オンゲ特有の無機質なシステムと人情のミックス

・無慈悲なAIの手によって、クリア条件が当初は敵国を占領もしくは殲滅するっていうデスルールだったから、戦わなかったけど、その後変更が加えられて期限以内にPvPの戦闘を行わなければAI勢力のエクガンやヴェイガンギアみたいな超性能機が介入を行います

・主人公の属する勢力は「クエストクリアによる解放」(そのクエストでは共闘が選べる)を目指してて、敵方は「敵国殲滅による解放」を目指してる方向性の違い、とかでいいんじゃなかろか。

・(それとは別に)NPCにも「敵の割に経験値が良い稼ぎ場」とか「ミサイルのドロップが多いからミサイルをわざわざショップで買わなくてもこのクエストやればおk」みたいなローカルで共有されてる情報はあるはず。

・資源がない、というより自給自足はできるけど、日本みたいにコロニーだから領地が限られてるし、少ない確保量ではクエストクリアは目指せ無いみたいな

・ああ、地球勢力は地球勢力で宇宙勢力に領地を取られるとクエストクリア用の物資アイテムや無限湧きではないをNPC狩場を取られてクエストクリアが難しくなるだろうし、そうなると領地を奪い返すしかなくなるから、戦闘はしないといけなくなるか
あ、でもそうなると領地をある程度確保できた場合宇宙勢力は結局進んで戦おうとはしなくなるかな。でも戦争やってればクエストクリア勢力も宇宙勢力側への憎悪の感情が芽生えるだろうし、主人公達はそんな戦況の中で時にPvPをしつつクエストクリアを目指すってのがいいのかな

・例えば殲滅クリアの方が時間がかからないと言うのはどうだろか。第三勢力は時間が経過すればするほどに強化されていく。焦って殲滅を選んだプレイヤーは宇宙側に付き、それでもクリアを目指すのが地球側。なぜなら第三勢力は「宇宙側」から先に攻撃されているから。

・地球側は「クエスト」「宇宙側との戦争」の二つの戦いがあって、宇宙側は「地球側との戦争」「第三勢力に対する防衛ライン死守」でそれぞれ事情があるんだ、と言う。

・地球側からしたらクエストの方が犠牲が出ないし俺だって頑張ってるんだと言う話になるけど、宇宙からしたらそれは自分らの防衛があっての事だろうが、悠長にやるな、とか言う。

・それが一番アリかも。宇宙側はNPCによるAI勢力に襲われるから自国の防衛を行わないといけない。けれども時間経過と共に敵も学習し機体を強化、強くなっていく。だからこそ手っ取り早くクリア条件を満たす事のできる敵国の殲滅・制圧・占領を行おうとしている。

・地球側はクエストクリアにかける時間があるけれど、宇宙側にはそれがない。加えて領地を占領されていけばその分クエストクリア用の資源や狩場もなくなり、クエストクリアが難しくなる。だから防衛ライン死守のために宇宙側と戦う、みたいな?宇宙側は切羽詰まってるのはかなりアリ

・後は何故「俺が防衛」「僕がクエスト」と言うリソース分担が難しいか、と言う話になるけど、「第三勢力」とか言うのが理不尽に強くて、それで何となく緩く続いてた「休戦協定」が破られてる、とか言うのがあれば面白いな。

・こう、物語開始前までは何となく緩い休戦状態だったのが、第三勢力が猛烈に強化されて、宇宙側ばかり損害が大きくなって、地球側と戦争をしないと維持できなくなってるとか。

・奪取スキル持ちは、言いやすいようにオレンジャーって呼ばれてるとか

・宇宙側が……と見せかけてAI側がデカい事やらかしたりしたら、地球側にも強硬感情は生まれるのかな。

・事実上の休戦協定を破らざるを得なくなった。このままクエストクリアを悠長に行なっていれば第3勢力は強くなっていくし、そのままだと宇宙側が殲滅された後は地球側が襲われる事になる。ならば当初のクリア条件を目指すことに決めたのが宇宙

・第三勢力に突如としてドラドやアヘッドみたいな強力機体が出始めて、宇宙側の損害が資源用コロニーを含めて大きくなって、だから地球側と戦争をしないと維持ができなくなった、って感じか……

・そして実は第三勢力が厳しくなったのは戦争加速のためであった、みたいなね。

・最初期こそ地球側に逃れようとした人もいたけれど、やっぱ宇宙側は宇宙側でどうにかしたくて領地割譲を要求するも突っぱねられ、やむなく武力侵攻を開始……とか。

・地球に逃れても、そうするとクエストクリアしか道がなくなるし、でもクエストクリアには時間もかかるし時間をかけると第三勢力は強くなる。それに加えて宇宙側の意地もあって、戦闘へ突入

・あ、通常のオンラインゲームみたいなチャット機能はない感じで。フレンドリストはあるけど、初期支給されている携帯端末がそのフレンドリストと同期していて、端末を使用してのみフレンドリストからメールを飛ばしたり、電話をする事が可能な感じ。会議通話機能もある設定で

・本来あったはずのログアウト、フレンドリスト関係の交換や確認、所持マネー残額や自分のパイロットランク・ビルダーランク・所持MSのレアリティやステータスなんかはSAOみたいに自分にのみ見えるUIが出てきて、そこから確認可能

・そうなのよ。んで、まあ当然個人用のルームも購入可能だったり、出先でNPC経営のホテルなんかもあって、そういった場所だと会話が基本的には通路や隣室に漏れない防音仕様になってるみたいな

・・地球側勢力:クエストクリアが目標。ただしクエストクリアには時間がかかるため、それを良しとしない宇宙側勢力からの殲滅・占領行為(クリア条件の一つ)を受けている。現在、クエストクリアと同時に宇宙勢力からの攻撃を防衛中。

・宇宙勢力:敵国(地球勢力)の殲滅・占領によるクリアが目標。当初は地球側のクエストクリアを待ちつつNPCの第3勢力からの攻撃を防衛する事で、地球への第3勢力侵攻を阻止していたが、突如として強化されその後も益々強さを増す第3勢力に危機感を感じ、地球侵略を決行した。

・第3勢力:本来、宇宙用の狩場の一つとなるように設定されていたNPC勢力。物語開始前は主にAIランクがルーキー、乗機はザクⅠやジム、リアルドなどのレアリティ1の機体が大半だったが、がゲームマスターとも言える自立型AIによる設定変更によりAIランクや機体のランクが向上。

・宇宙勢力:それにより、AIランクはベテランやエースクラスのものに、機体もドーベン・ウルフやザクⅢ、ドラドやスローターダガー等のレアリティ4~6の機体などが増え、これが宇宙勢力が危機感を覚え地球侵攻を決める要因ともなった。現在も徐々にではあるがAIや機体の強さは上がっている様子

・サーバーは分けられてない感じで。単一のサーバー上で、宇宙から地球上、コロニーまで自由に行けるオープンワールドを想像してる

・後もちろん大気圏突入時は摩擦熱を演算処理で発生させられるので、例えばザクⅠが大気圏突入しようとすると溶けます

・一応ゲーム用の接続施設は世界各地にあって、世界的なブームのため初日の体験者は抽選で選ばれて、整理券が配られる程の人気。一部、関係者やその家族、それからガンプラバトルでのトップファイター等は優先権が与えられてる

・機体整備には時間がかかります。艦これみたいな。高速修復等は不可能で、破損度により整備・修理時間が上下する感じ。四肢の損失などは大凡1週間、軽い損傷ならば最短1日。なので、その修理時間を気にするプレイヤーの多くは予備機を持ってる設定です。闘技場では戦闘終了後に破損は機体に反映されません。まあ、四肢損失する前にまず撃墜されてるパイロットが多いので、大体は行ってても中破レベルの修理時間3日とか4日とかですかね

・あと、撃墜時は必ずしも爆発するって訳じゃなくて、ピンポイントである箇所を狙えばさっき投下した小説みたいに沈黙だけさせる事も可能です。また、損傷箇所などによっては演算処理によって爆発までの時間がある事もあります。

・撃墜判定を受けて沈黙した機体は、乗り捨てられる事が多いわけですが、その機体を改修して自分のものにする事は可能です。

・高速修復はできないけど、金を積んで整備士を増やして速度を上げることは可能とか。即時修復だけできない感じで

・それは可能。最大で1/3の期間まで修理時間を縮小可能。ただし金はかかる。

・擱座した機体や残骸はあくまでも「ジャンク品」として扱われるので奪取スキルは不要。撃墜判定を食らった時点でそれが爆散とかしない限りジャンク品判定をくらって、しかも撃墜判定を食らった場合はパイロットは大抵逃げ出すのでそれを狙うプレイヤーもいたりすると楽しいかも

・そういうのはオレンジャーと区別されて腐肉漁り(スカベンジャー)とか言われたりとかあると面白そう?

・ああ、それならいいか。ニュータイプみたいなレアユニークスキルを芽生えさせるには、それ系統の機体に乗り続けて隠し経験値を貯めて、みたいなのなら。

・特殊条件下にて偶然NT適性がステータスに追加されたりするけど、それは稀で、基本スーパーパイロットやNT、イノベイター適性を持ってる人はリタイアプレイヤーからの引き継ぎによるステータス上乗せとは別の付加措置だから、そういう適正持ちは何かしら悲しい過去を背負ってるってイメージ

・てかまぁ最下位機が1、普通量産機が2-3、高級機はまとめて4-5、フルカスタムが6、ガンダムタイプ(普通)が7、ガンダムタイプ(強)が8、00ライザー、ユニコみたいな超スキルが9とかでは。

・シビレイとか赤枠改造キットを使ったレイスタみたいなギリッギリのラインでガンダムフェイス機を持ちたがるプレイヤーは絶対居るな。

・アヴニールは素の状態だと7程度だけど、実は専用の追加装備の設計図が特殊クエストでもらえる設定だから、それを加味しての8なんだよね

・あ、機体搭乗中は相手のアバターネームやID、レベルなんかも一切見れないし、相手の機体レアリティも分からないです。戦闘中に相手のデータが分かる訳はないので。あと、壁越しや車越しなんかの障害物越しでもアバターネームは隠れます

・せやね。ただ、大体はやっぱり機体性能が勝敗を決する事が多いから、大半のプレイヤーはパイロットLv+機体で相手の評価を決めてるとかね

・ そそ、プロフィールカード?みたいなのがあって、そこにステが表示されるからお互いそれを公開するのが一種の礼儀みたいなのとか。

・名刺みたいにね。というか、それが名刺代わりだったりとか。そういうのはよくありそう。
って感じにUI弄って送る感じで。フレンド登録とは別で

・パイロットLvやID、保有機体やそのレアリティなんかはプロフィールカードに記載されてて、それが名刺代わりになってるって事で。アバターをパッと見ただけじゃ、アバターの上に名前が出てるだけです

(twilog2)
・例えにあったザクでガンダムつくるってのも、それで出来たガンダムは丁寧に作った高機動型ザク緑色程度というか。(アームドマテリアルモデルについて・木村)

・月が見えるとこにミュータントの巣があるならオリジナルじゃなくてもGXでもっとゲスいことできそう
(スイーパー・GXについて・兄人)

・一番地球に近い所だとヤキン・ドゥーエとサンダーボルト、遠い所だとアステロイドベルト位?
(スイーパーの活動域について・黒井)

・HGBCみたいのはそのまま落ちそうだけど
(ドロップについて・兄人)

MSカスタマイザー関連

・パイロットの能力はツリーでいいと思うの
・軌跡シリーズのクオーツとかも良さげ。
(パイロットの能力に関して・怜衣)

・世界樹は基礎ステで行動順が決まると思いきや実は武器補正が重要でその上に行動補正が
のっかって結局行動準が信用できなくなるところ
・プレイヤー成長はスフィア式機体成長はナビカス式武装成長はデドスペ式
・「ゴミだけど後々手に入るレアアイテムと合わせるとぶっ壊れになる」パーツ
・「重ねないと役立たず」と言うパーツ
・「このマスは重ねておいても良い特別マス」
・機体によって拡張マップに穴が会ったり変な形してたり
・基本パーツは要求が基礎ステいくつ以上 発展パーツは要求が可変機とか量産機とか
この勢力のみとかだと原作ネタの流用とかもできそう
・あとは可変機のみみたいなの特殊条件も付け足せるからバリエーションがさらに増える
・入手難度と上昇ステータスと使用難度(組み込みやすさ)でパーツのパラメータを作っておけば
バリエーションが増やせそう
(MSカスタマイザーのパーツについて・ダーニィ)

勢力戦争の現状について

・宇宙陣営の現状
宇宙陣営は現在手詰まりの状態にある。
ユピテル基地への迅速な攻撃を成功させた後に宇宙陣営は満を持して
保有戦力の実に1/3を投入。電撃作戦に次ぐ電撃作戦であった事、
人口が少なかった事からわずか一ヶ月で北米大陸を掌握。
地球連邦の宇宙への窓口であるケネディとキャリフォルニアを入手する。
沿岸部の海軍艦艇を入手し、欧州やアジアの地球連邦軍の進入を阻止しつつ
一挙に第一次地球連邦の本部が存在するジャブローへと南進。
手薄なカリブ地帯、ラテンアメリカ、メキシコを落として南米大陸へ入る。
しかし、ここで第一次地球連邦がまさかの崩壊。
宇宙陣営もまさか地球連邦が崩壊するとは思っておらず、
しかも崩壊に伴って地球連邦の本部がシステムによりリセット。
改めて第二次地球連邦の本部がチベットはラサにおかれてしまう。
慌てて宇宙陣営はチベットのラサへ攻略対象を切り替えるも
本来の勢力の30パーセントでは心許ない為に宇宙へ増援を要請。
現在、宇宙は地上と宇宙に半分ずつリソースを取られている。
それなりにチベットへ向け侵攻は進んでいるものの、
あまり欧州に力を割きすぎるとアラスカやアジアの方から食い破られるとあって
アジアの方にも力を入れざるを得ず、攻撃は遅々としている。

現在は西欧から東欧にアクセスしてバイコヌールを攻めて
地球連邦の宇宙への窓口を封じつつラサへ向けて東進するプランと、
ミクロネシアのような南方海域の島嶼を抑えて着実に南進→ユーラシア大陸へアクセスし、最終的に
ベトナムやタイの方からラサを攻めていくプランの二つが主となっている。
太平洋・大西洋の制海権は半分程押さえているものの、
地球連邦もフィッシュアイやジュノー級を積極的に投入している事もあって中々盤石とは言い難い。
しかし、最近は地球降下した部隊の中で独自にヒマラヤ級やディッシュを運用する事もあるようである。

また、宇宙にしても今は軌道制宙権を握っており、宇宙も全体的に宇宙陣営が押さえているものの、
地球連邦の宇宙艦隊の一部はルナツー(あるいは他の何か)に少数残存している事。
バイコヌール基地から打ち上げられる新艦艇がある事から、
宇宙も目が離せないでいる。
一応ジャブローは入手しているが、現在はシステム的に基地として使用できなくなっており、
無用の長物に等しい。

改めて宇宙へ戻った上で再びチベットへ総攻撃をかけたいというのが
宇宙の本音だが、現在は地上降下した部隊を呼び戻せば連邦に追撃されるために
呼び戻せず、かといってチベットへの大規模作戦を行う余力は宇宙陣営の宇宙側には存在していない。と
八方塞がりである。


・地球陣営の現状

バイコヌール基地、種子島基地が地球連邦が宇宙にアクセスする手段となっている。

現在、最前線は欧州前線、アラスカ前線、東南アジア前線となっている。


赤:宇宙、青:地球で勢力図的なの作ってみました。
ログの解説文で言及されてる地名は拾ってみましたが、もうちょい必要でしたら書き足します&変更します。
GBWF勢力図改2.png

GBWFタイトル風.jpg

・唐突な提案ですがミヤビ・カナタのガンダムファーストについて「アニメ版」では無く
「ジ・オリジン版だった」と言うのはどうでしょうか。
皆、WBのガンダムだと思っていたし事実上そうではあった訳ですが、
実際はガンダムファースト(=アムロがTVアニメor劇場版三部作で搭乗していたタイプ)
とは別個の個体であったと言う設定。
すると後々にランク9や10としてのガンダムファースト、或いは、
「本来の」ガンダムを登場させられると思います。
とは言っても「本来の」ガンダムを出した所で、それをどう絡めていくのかはまだ決めていないので
あくまでtwilogに書いておくにとどめておきます。

・まず何度か設定で出て来ている「設計図」と言うものについて。
例えば、女児向け玩具の一つに
「下着姿のキャラカード」に
「クリア素材に印刷された衣装カード」を
重ねて、2枚で
「該当衣装を着たキャラ」カードを作ると言うのがありますよね。
MSの「設計図」もそう言う風にモビルスーツの正面図が描かれている物である。と言うのはどうでしょう。
設計図と言うイメージから受ける青焼き図や、ガンプラの取説では無く、
外観はトレカ風(ジョニー・ライデンの帰還に度々出てくるMS正面図などのイメージ)であると言う風に。
ここに「ジム2」「ジム改」「ユニオンフラッグ」等のいわゆるバリエーションの大本になる機体が当てはまります。仮にこれを「基礎設計図」と呼びます。

・改造ボーナスについて
そして、例えば「ジム3」「フラッグオービットパッケージ」や「パワードジム」のように、
原型機の特徴を強く残した発展機の設計図は、
前述した「クリア素材に印刷された衣装カード」に該当し、
それらの設計図単体ではクリア素材に強化パーツ等だけが印刷されていて、
ビルダーが作る際に選択できると言うのはどうでしょうか。
・その発展機設計図だけでもジム3なりパワードジムは作れる。
と言う前提の上で、
・前述した基礎設計図の上に、発展機設計図を重ね合わせると絵柄が代わり、発展機になる。
この二枚重ねの状態で使用すると、発展機のパーツが全て出てくるのでは無く、
''プラモで言う差し替えられているパーツだけが表出し、
プレイヤーがそれまで使っていた機体のパーツを取り外し、新しい発展部分のパーツを組み込む
と言う作業工程になります。

そして、メリットとしては、
・一式呼び出すよりコストが安くなる
・それまでのジム2等の機体の性能やデータが引き継がれる。
・発展機をいきなり作ったものに比べて、最終的な性能値の伸びしろが違う。
などを考えています。

デメリットとしては
・一度発展機設計図と基礎設計図を重ね合わせてしまうと、二つを分離させる事は出来ない。
・一つの機体を改造して使うので、プレイヤーの手持ち機体の総数は変わらない。
などを考えています。

つまり、プレイヤーの遊び方として、
・新しい発展機の設計図を手に入れたから高額でもそれに乗り換える。
と言うのもあるし
・今まで使っていた低ランク機を強化して引き続き使い続ける
と言うのもある、のではないかなと。

・機体特性について
機種特性?機体特性?ともかく、陸上機、空間機、全領域機、空間可変機、重力下可変機などのいくつかの
カテゴリに機体を分類した上でそれらの特定の場所での戦闘の際にステアップ等考えましたが
バランス取りが難しそうなのでtwilogに書いておくにとどめておきます。

・「頭頂高」?「全高」?
ガンダム作品の中でも特に別れやすく、宇宙世紀は両方あり、アナザーではどちらか片方のみなのですがこのwikiでは
どちらに統一しますかね?一応、アンテナが立っている機体もありますから「全高」の方が良いかなと思ってそれで
統一していきます。


軍制式機について

・基本的に軍所属プレイヤーには制式採用機が与えられている。不使用者はその機体は各人のガレージもしくは軍管轄のガレージに保管されている
・一部エースや指揮官を除き、余りにも連携に適さないパイロットは制式採用機の使用を命じられる
・予備機として扱われる事も多く、メイン機が損傷した場合使用する事も
・集団戦で連携を取りやすい武装・機体構成を施されており、無改修または小改修にて大気圏内外共に使用可能
・機体間のネットワーク同期が施されているため、戦況データの即時確認などが可能
・機体性能が均一化されており、メンテナンス性も考慮されているため戦地で機体をパーツ取りとして使用し損傷箇所を修理する事や、武装の交換などが可能
・データリンク機能が最適化されているため、指揮官機からの迅速な指示の受け取りが可能。
・機体メンテナンス時、損傷時の自己負担額がなく、また修理期間も短く済むため早期の戦線復帰が可能
・メンテナンス人員からの評価も高く、機体特性もマイルドなため操縦者の負担も少ない。かと言って、機体性能が低い訳ではない


軍のパイロットスーツは統一するか否か、それから宇宙軍の制式機について要意見交換求む

49(10) 50(9) 52(7) 53(6) 55(5) 55(4) 57(3) 58(2) 61(1)

ユピテル軌道基地攻防戦の際のトップランカーのレベルまとめ。()内はランカーの○位に相当



  • 最終更新:2015-05-24 23:47:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード